水彩画用語集

水彩画で学んでいったことをご紹介します。

 

マスキング

白い部分をマスキング液で塗っておき、
水彩画が入っていかないように最初に塗っておく手法です。
マスキング液が乾くと、ビニールのような水をはじく仕組みとなっていて、
水彩画を描き終わると、剥がします。

ぺベオ マスキングインク(マスキングペン)

細かい部分もマスキングできるペンです。雪などの細かい部分に最適。

 

ドライブラシ

水彩画の筆で掠れた表現をする際に使う手法。
水を少なめに筆に含ませると、実現できます。

ネガティブペインティング

明るい部分を表現するために、暗い部分を塗って強調して表現する技法。

グリサイユ技法

影となる部分を灰色系で先に塗っておいて、
あとで色を塗る手法。

バック・ラン

水彩の独特のにじみをだす手法。
半乾きの時に、水を振ったり、絵の具を振ったりして、
にじみを出す。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る